年代・お悩みケース別症例&体験者の声

MENU

年代・お悩みケース別症例&体験者の声

お悩みの傾向や症例とあわせて、治療を体験された方の声を紹介します。

 

※10-20代若い人に多い悩み[目の下のクマ]

 

目の下のクマがコンプレックス。

 

目の下のクマは、生まれもった下まぶたの構造が主な原因です。

 

10代で発生することも多く、若い方で悩んでいる方は少なくありません。

 

本人にとっては大きなコンプレックスとなります今の若い方たちは美意識が強く、また、おしゃれで、自分そのものの価値を高めることをとても大事にします。

 

それだけに、自分にとってマイナスとなる目の下のクマを何とかしたいとい目- な畏はいっそう思いはいっそう強いのです。

 

※自分の価値を高めるために

 

インターネットを通じ大量の情報を入手できる今の時代、若い人たちは自分の悩みである目の下のクマについても情報を集め、できる限りのことをしようとします。

 

そうして、「解決できる可能性がある」として、美容外科クリニックでの治療を選ぶようです。

 

ずっと悩み続けているよりは、悩みの根本を解消し、自分自身をもっと魅力的にしたいーーーー。

 

今の若い方たちは、美容外科での治療をとても前向きにとらえているようです。

 

若い人の治療は予防的意味合いも若い人の場合、クマはあっても、たるみは見られません。

 

治療のポイントは、陰影ができやすい目の下の形状を、影ができないような形に根本的に整えること。

 

治療は、将来的なクマ、たるみ出現の予防ともなります。