治療体験ドキュメント「私、クマを治す治療を受けました!」

目の下のクマ治療って、どんなことをするの?痛くないのかな本当にきれいな目元になるの?悩んでいるけれど、治療を受けるのはちょっと不安、という方も多いかもしれません。

そこで、当クックで目の下のクマ治療を受けた田中さんにその体験をレポートしていただきました。

田中さんのプロフィール:
23歳会社員趣味はピアノ。

おしゃれも大好きだけど、鏡を見るたびに、目立つ目の下のクマにがっかり。

動機~治療を決意するまで

●夕方になると目立つクマ20歳を過ぎてから、目の下のクマが気になるようになりました。

ひどい近視で、毎日コンタクトレンズを長時間使用するので、目に負担がかかっていたのかなと思います。

夕方頃になるとクマが目立ち、目が重たく感じることも多くなりました。

友人や職場の同僚から「疲れてるの?」と聞かれることもたびたび。

昔からアトピー性皮膚炎があり、色素沈着がひどいことにも悩んでいました。

●当院の豊富な症例データ

少しでもクマを目立たなくしようと、アイキララの効果的な使い方を試したり、コンシーラを使って隠したり、マッサージをしてみたのですが、根本的にクマを治療したくて、インターネットで検索、こちらのクリニックを見つけました。

ほかの美容外科のHPもいろいろ見たのですが、その中でもこちらはダントツで症例数が多く、施術の解説も詳しく丁寧。

それも決め手の一つになりました。

※カウンセリング

●先生の丁寧な説明に安心感クリニックはシックで落ちついたインテリア。

リラックスできる雰囲気。

受付の方から問診票を渡され、記入が終わると、先生によるカウンセリングです。

これまでの悩みを打ち明けると、クマができる原理や、私のクマの状態、どういっメをとういつた治療をするかなど、先生は詳しく、丁寧にわかりやすく説明してくださいました。

また、私の症状に似た症例写真をいくつか示し、術後、どのように回復していくのかを教えてくださったのでとても安心しました。

治療前いよいよオペ室の施術台に。

一生に一度の治療にドキドキ。

看護師さんが緊張をほぐすように、声をかけてくれました。

清潔な状態で治療を行うために、パウダーームでメイクを落として洗顔。

コンタクトレンズ、身につけていた貴金属もはずします。

●オペ室に入ってドキドキ

パウダールームでメイクを落としたぁと、オペ室でスタッフの方から、薬と治療後の注意点について説明を受けました。

先生が、目元のバランスを見て私の顔にデザインをし、パソコン画面の私の写真を示しながら、クマの状態や脂肪の量、左右の差など、もう一度、丁寧に説明してくださいます。

治療の申込書と契約書にサインしたあと、施術台に横に。

「痛みはない」と説明は受けたものの、はじめての外科治療にとても緊張しました。

治療中

●寝ているうちに治療終了いよいよ手術。

施術台に横になり,目への点眼麻酔のあと、鎮静剤を注射で腕から入れてもらうと,すぐに寝てしまったようで、局所麻酔を打たれたのも覚えていません。

痛みはなく気がついたら治療は終わっていたのでした。

治療直後後は休憩室で目を冷やしながら休みました。

1時間半後、ベッドから起きたき、フラつくことなく、そのまま帰宅できました。

●1時間半の安静ののち帰宅

大きな痛みはありません。

家では、処方された抗生剤を服用して目薬治療が終わった直後は少しフラ を差し、アイスノンで目の下を少フラする感じ。

目を開けると物が し冷やして過しましたぼやけて二重に見えるような感じみた宅き帰です。

別室のベッドで目を冷やしら起まながら休みました。

1時間半ほどなかのすると、目のピントは合うようになり,とくにフラフラすることもを、ななく、帰宅することができました。

片目15分、両方の目で合計30分程度で少し目の奥に鈍痛のような違和治療は終了。

治療中は眠っていて、気だるい感がありましたが,目立つ腫れがつくと治療は終わっていました。

※ドクターから一言

田中さんの場合は、目の下の脂肪を支える皮下組織が下がった位置に固定され、間延びしている状態です。

その結果、目の下に影が出現しやすく、またクマが強調されるのです。

今は目の下にたるみは見られませんが、この状態をそのままにしておくと、クマが目立つたけでなく、30代以降にたるみが生じますこで脂肪を少量とって調節し、,平坦化したあと、脂肪を保持していた皮下組織と皮膚を剥離し、皮膚を引き上げるように処置しました。

クマの治療と同時に、構造上の不具合を、クマができない形に根本的に変えることで、何十年か後のたるみ予防にもなります。

※冶療後1日目

●普段通りにメイクをして出勤朝起きたとき、目やにが出て、少し目が開けづらかったです。

目の下が腫れ、赤くなっていました。

でも、事前に翌日が腫れのピークだと説明を受けていたので、心配はしませんでした。

目の下を触ったり、強くこすると少し痛みを感じましたが、大きな痛みはありません。

コンタクトレンズの装着は治療後3日後と言われていたので、眼鏡をし、普段通りメイクをして出勤。

勤務中もいつも通り仕事ができました。

※3日目

●傷跡なく友人もびっくり朝の目やにがほぼなくなりました。

腫れと赤みが少し。

涙が出て目がショポショボする感じはまだあります。

夕方、友人に会いましたが、「右目が腫れているね」と 言われるくらいで、治療のことを言うと、傷跡がないので驚いていました。

※4日目

●眼鏡からコンタクトへ今日からコンタクトレンズを使用。

目の下の赤みが黄色っぽい色に変わりました。

腫れは、右目がまだ少し。

5日目

●少しの出血にもあわてず右目から少し出血。

このことも、き取れば問題ない」と事前に聞いていたので、あわてませんでした。

6日目

●腫れも痛みもひいて腫れも痛みもほとんどありません。

1週間でこんなに良い状態になるとは思っていなかったので驚きました。

10日目·

目の疲れも解消以前は夕方くらいになるとクマができ、目の上まで重たく感じていたのが目の上の疲れが格段に減りました。

鏡に自分の顔が写るのも苦痛ではないし、メイクをするのも楽しい。

14日目

●鏡を見るのが楽しい治療から2週間。

日に日によくなって、痛み、目やに、赤み、目の違和感はまったくなくなりました。

毎朝、起きて鏡の中の自分の目を見るのが楽しみです。

※治療後20日目

●上まぶたにも良い影響が優しさ のある表情をつくる涙袋(眼輪筋)がしっかりでき始めました友人にも、「目がぱっちりしたね」と言われて。

何より、夕方になっても目が疲れないことに驚きました。

治療前は、夕方にはクマができ、上まぶたが重い感じがしたのに、それがないのです。

目の下の治療で、目の上まで良い影響が出るなんて……とても嬉しいです!※治療を受けて思いきって治療を受けて、本当によかった。

先生から、しっかり説明を受けていたので、治療後の経過に関しても、不安や心配はありませんでした。

目のことでずっと悩んでいたことが、今ではウソのようです。

(田中さん)